bitFlyer 仮想通貨の所得計算ツール(仮)を2月中に提供予定。

国内の大手仮想通貨取引所「bitFlyer」を運営するbitFlyerは2月8日、取引履歴などを確認できる「お取引レポート」のリニューアルとともに、仮想通貨に関する所得を計算できるツールを2月中に提供すると発表しました。

bitFlyerは、仮想通貨取引にかかる確定申告の必要性についてアナウンスしました。新しい「所得計算ツール(仮)」と合わせ、ユーザーの確定申告をサポートします。所得計算ツール(仮)は、同社のサービスのみで売買を行っており、仮想通貨の外部への送付や支払い、外部からの受け入れを行っていないユーザーが対象となっています。

同時にブロックチェーンシステムの開発などを行うクリプタクトとの業務提携も発表しました。クリプタクトが提供する無料の仮想通貨損益計算サービスである「tax@cryptact」は、15の取引所および1680種類の仮想通貨に対応しています