フォーブスは2月7日、今回が史上初となる「世界の仮想通貨長者ランキング」を発表しました。

現在、仮想通貨市場には1500種類ものコインが存在し、時価総額の合計は5500億ドル(約60兆円)です。その規模は2017年の始めから31倍に膨らんだ。

ランキングで1位に立ったのは、リップルの共同創業者で元CEOのクリス・ラーセン。ラーセンは2018年1月時点で52億XRPを保有していました。リップルの価値はその後65%急落しましたが、ラーセンの資産額は現在、75〜80億ドル(約8200〜8700億円)と推定されます。

1. クリス・ラーセン(リップル共同創業者)、75〜80億ドル
2. ジョセフ・ルービン(イーサリアム共同創始者)、10〜50億ドル
3. Changpeng Zhao(バイナンスCEO)、11〜20億ドル
4. ウィンクルボス兄弟(Winklevoss Capital共同創業者)、9〜11億ドル(各自)
5. マシュー・メロン(個人投資家)、9〜10億ドル
6. ブライアン・アームストロング(コインベースCEO)、9〜10億ドル
7. マシュー・ロスザック(Bloq共同創業者)、9〜10億ドル
8. アンソニー・ディ・イオリオ(イーサリアム共同創業者)、7.5〜10億ドル
9. ブロック・ピアス(Bitcoin Foundation会長)、7〜10億ドル
10. マイケル・ノボグラッツ(ギャラクシーデジタルCEO)、7〜10億ドル

1位はリップルの共同創業者のクリス・ラーセン氏で、総資産は約75~80億ドル(日本円にすると約8200〜8700億円)になります。

2位はイーサリアムの共同創業者でジョセフ・ルービン氏で10~50億ドル(日本円換算で約1100億~5500億円)になります。

3位には取引所バイナンスのCEOです。6位にはコインベースのCEOがランクインしています。

まだまだ仮想通貨は発展途上の黎明期です。これからまだまだ価値が上がるとすれば、今から投資しても億り人になれるチャンスが大いにあります。