仮想通貨ランキング・取引所・ニュース

仮想通貨のおすすめの各種ランキング・取引所・ニュースをご紹介。ビットコイン、リップルの情報やICO情報もご紹介。

世界初。サッカーで移籍金の一部に、仮想通貨の「ビットコイン」が使われました。

NEWS 更新日:

仮想通貨「ビットコイン」に注目が集まる中、「世界初」の使われ方が話題を呼んでいます。

「ビットコインの基礎知識がなかったから、最初は乗り気になれなかったんだ」と話すのは、トルコのアマチュアサッカークラブに所属するクロウル・オメル選手(22)。

1月、別のチームから移籍した際、移籍金の一部に「ビットコイン」が使われました。額は、5万8,600円相当で、トルコ人の最低月収とほぼ同額。

サッカー選手の移籍金でビットコインが使われたのは世界初で、クラブの話題作りに貢献した。
クロウル選手は、「(ビットコインの価値が)上がるとうれしいよ!」と話しました。

アーセナルがCashBetと公式スポンサー契約を締結

イングランドのプレミアリーグ所属の強豪チーム、アーセナルは米カリフォルニア州に拠点を置くCashBetとスポンサー契約を結んだことを発表しました。

iGamingプラットフォームを提供している同社は、自社のICOであるCashBet Coinの事前販売を開始したばかりですが、スポンサー契約を結んだことでアーセナルのブランドを使用してのプロモーションが可能となりました。

今回のICOによって、CashBetは4000万~7000万ドル(約44~77億円)ほどの資金調達を予定しています。

メッシが、ブロックチェーンスマホ「Sirin Labs」の大使に就任

ブロックチェーン技術を応用したスマホを展開するSirin Labsは、サッカー界のカリスマであるリオネル・メッシをブランド大使に任命しました。

Sirin Labsは世界一の安全性能を謳っているスマホの「SOLARIN」、「FINNEY]などの製造を手掛けている会社です。

当サイトからの口座開設数ランキング!(仮想通貨取引所)

1万円から投資可能!毎日投資額の1%を稼げます!
zaif
Zaif(ザイフ)は2014年6月に設立された取引所です。国内でのビットコインの取引量は、bitFlyer(ビットフライヤー)やcoincheck(コインチェック)についで第3位です。
ビットコインとモナコインの手数料がマイナス0.01%なので、10万円取引すると0.01%分仮想通貨がもらえます。レバレッジは、1倍、2.5倍、5倍、7.77倍から選択できます。 積立投資でコツコツ資産運用ができます。また、Zaif(ザイフ)独自で発行している仮想通貨(トークン)「ZAIFトークン」があります。
おすすめポイント
  • ・手数料が安い
  • ・アルトコインの取扱いが豊富
  • ・ZAIFトークンを保有
  • ・簡単売買機能で操作が簡単
  • ・全ての取引通貨を板で売買可
  • ・追証不要の信用取引
  • ・レバレッジは、最大7.77倍
  • ・積立投資が可能
【無料口座開設はこちらから】
Zaif

詳細はこちら

日本国内では取引量や資金力ともに最も大きなビットコイン取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)
bitflyer(ビットフライヤー)は2014年1月設立で、日本のビットコイン取引所としては一番手となります。 多くのファンドや企業からの出資を受け、日本にあるビットコイン取引所の中ではもっとも資金力がある取引所です。セキュリティ対策に力を入れているのも特徴であります。
おすすめポイント
  • 取引スピードや取引画面、サポートなど質の高いサービスを提供
  • Lightning FX(ビットコイン FX)は、最大 15 倍のレバレッジ
  • 取り扱い仮想通貨は、5種類
【無料口座開設はこちらから】
bitflyer

詳細はこちら

通貨ペア数は、22種類
QUOINEX
通貨ペア数は、22種類。人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペアまで多数お取り揃え!
おすすめポイント
レバレッジ取引は、個人で最大25倍。三井住友銀行や楽天銀行など380の金融機関に対応したクイック入金サービスがあります。
【無料口座開設はこちらから】
QUOINEX

詳細はこちら

 
 
LINEで送る
Pocket

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ