1. ADK(Aidos Kuneen)

Aides Kuneen(アイドスキュネーン)はオフショアバンカー歴17年のRicard Badoer(通称ドン)によって開発されている暗号通貨です。DAGというデータ構造を元にした技術を利用しています。

ADKは匿名化の技術においてもMoneroやZCASHよりも一歩進んだ技術を採用する予定だとしており、DAGだけではなく匿名化技術においても注目されています。

ADKは現在、ADKの運営が管理する取引所でのみしか購入することができませんが、2018年には大手仮想通貨取引所にも上場する予定です。発行枚数、採用技術の話題性などから短期的な値上がりが見込めます。もし、ロードマップどおりに進めば長期的な値上がりも見込めます。現在のタックスヘイブンの総資産は、約3000兆円と言われているので、こちらのほんの少しでもADKを通して管理することになるだけでも、ADKの時価総額は今よりもはるかに跳ね上がります。

最近の動向

  • リトアニアの銀行とバンキングパートナシップの公式発表
  • ADKをユーロにて売買可能、ユーロにてデビットカード使用可能
  • 銀行と取引所を連携し、ADKを売却して得たBTCをユーロに変えるサービス開始
  • タンザニア(AEOI非加盟国)の銀行株の買い占め(51%以上目標)を進行中。現在、最初の購買部分について、資金の出所証明を提出。仲人であるタンザニア中央銀行の最終承認待ち
  • 秘匿通貨で使い捨て可能。デポジットアドレスを使うので追跡も不可
  • 送金手数料がゼロ
  • 犯罪収益や賄賂、相続財産なども隠匿可能

Aidosの売値・買値

[blogcard url=”http://mw.adk.uno/”]

Aidosが買える取引所

[blogcard url=”https://aidosmarket.com/index”]

2. CENNZ(Centrality)

 

Centrality(セントラリティ)は仮想通貨のDAppsプラットフォームの構築を目指している仮想通貨です。DAppsの開発プラットフォームを構築し、企業や個人によるDApps開発を支援することを目的としています。これからブロックチェーン技術が広まっていく中で必要とされてくるプロジェクトだと思われます。

ADAのように100倍上昇する可能性もあります。

[blogcard url=”https://centrality.ai/”]

3. DRGN(Dragonchain)

Dragonchain(ドラゴンチェーン)は、元々ディズニーのプライベートなブロックチェーンプラットフォームとして、2015年にディズニーのシアトルオフィスで開発されたものです。ディズニーが開発というだけで大きな信頼感があります。

DragonChain(DRGN)はあのディズニー主導の仮想通貨プロジェクトであるとして発表当初話題になり、Inc.やBusiness Insider、HUFFPOSTなども取り上げていたようです。まだまだ長期的に伸びるのではないかと思われます。

[blogcard url=”https://dragonchain.com/”]