仮想通貨取引所を、手数料・取り扱い通貨数・取引方法・レバレッジで比較。

手数料で比較

取引所 仮想通貨売買手数料 クイック入金手数料 日本円の入金手数料
ビットフライヤー 0.01%~0.15% 324円(税込み) 215円~
コインチェック 無料 756円(税込み) 400円
Zaif -0.01% 486円(税込み) 350円
BITPOINT 無料 利用者の負担 利用者の負担
みんなのビットコイン 無料 利用者の負担 500円
Bitbank 0.05% 無料 540円
BTCBOX 0.2% 利用者の負担 最低400円
Kraken 0.16%~0.26% 無料(最低5,000円から)
Poloniex 0.15%~0.25% 無料(最低5,000円から)

コインチェックやBITPOINTは仮想通貨の売買手数料が無料となっているので、頻繁に仮想通貨の売買を行う方にとってはおすすめです。

また海外のKraken(クラーケン)やPoloniex(ポロ二エックス)は仮想通貨の売買手数料も比較的安く、入金も無料です。

取り扱い通貨数で比較

取引所 取り扱い仮想通貨の数
ビットフライヤー 5種類
コインチェック 14種類
Zaif 4種類
BITPOINT 3種類
みんなのビットコイン 3種類
Bitbank 6種類
BTCBOX 4種類
Kraken 10種類
Poloniex 100種類以上

国内では13種類扱っているコインチェックが最も多く、色んな仮想通貨を売買するならコインチェックがおすすめです。

海外の仮想通貨取引所のPoloniexは、100種類以上取り扱っており、世界で最も多い種類の通貨を取扱っています。

取引方法・レバレッジで比較

取引所 先物取引レバレッジ 信用取引レバレッジ
ビットフライヤー 最大15倍 最大15倍
コインチェック 最大5倍
Zaif 最大25倍 最大7.7倍
BITPOINT 最大25倍
みんなのビットコイン 最大25倍
Bitbank 最大20倍 最大20倍
BTCBOX 最大5倍
Kraken 最大5倍 最大5倍
Poloniex 最大2.5倍 最大2.5倍

先物取引なら、最大25倍のZaifやみんなのビットコインのレバレッジが高いです。信用取引ならBitbankの20倍が最も高くなっています。

「先物取引」というのは、「将来売買することを現時点で約束する」取引方法になります。つまり今の時点ではビットコインの売買量や価格、取引日を指定し、その日が来たら自動で約束通りの取引が行われます。

「信用取引」は、「証拠金取引」ともいわれ、一定の資金を担保に、保有金額以上の売買ができる取引方法です。少ない資金でも大きな取引が出来るシステムをレバレッジといい、その最大倍率まで資金を大きくできます。

資本金で比較

取引所 資本金 出資元
コインチェック 9,200万円 ・インキュベイトファンド
・株式会社セレス
ビットフライヤー 41億238万円 ・SMBC
・みずほ銀行
・第一生命
・GMO 他
Zaif 8億3,013万円 ・株式会社テックビューロ
・株式会社OKwave
BITPOINT 4億3,000万円 ・株式会社リミックスポイント
みんなのビットコイン 1,500万円
Bitbank 3億8,100万円 ・株式会社セレス
BTCBOX 1億6,000万円
Kraken 500万ドル(約5.6億円) ・SBIホールディングス
・マネーパートナーズ 他
Poloniex 非公開

ビットフライヤーの資本金が断トツで多く、次にZaifです。